マスカット薬局のチーム活動

OTCチーム

チームの概要

薬事法の改正で登録販売者制度も始まり、薬局は国民のセルフメディケーションの担い手として大きな責任を負っています。
マスカット薬局では、薬のプロとしてOTC薬品の取り扱いにも力を入れ、ニーズにお応え出来る体制を作っております。 OTCチームはマスカット薬局の薬剤師や登録販売者が適切にOTC薬品を販売し適切なアドバイスができる人材の育成、販売体制の構築を目的としたチームです。
お薬の提供・アドバイス・健康相談等を通して地域に貢献し、皆様からの「ありがとう」のお言葉と笑顔をはげみとして、地域に密着したかかりつけ薬局を目指しています。

チームの活動内容・実績

1.販売補助ツールの作成

打合せ風景薬剤師・登録販売者の誰もが的確にOTC薬品を販売できるよう、補助ツールを作成しました。
「フローチャート」と「OTC比較表」からなり、現場で有効な情報をふんだんに盛り込んでいます。 「フローチャート」の特徴は、「患者の症状」から「考えられること・対応」、次に「成分・薬」、次に「主な商品」と、一連の思考の流れを途切れなく示したものになっています。
こうした補助ツールをどんどん活用することによって、今まで以上に患者様の要望に適切に応えられるようになってきたと思います。

2.OTC研修会

今までの集合研修会から、マスカット薬局の全職員、誰でも参加の出来るインターネット環境を使った通信教育方式の研修会へと変わりました。
通信教育は、まず各テーマに沿った問題とテキストを配信します。 参加者の方には問題の回答と実際に店頭で行った販売事例を送ってもらい、全参加者でその情報を共有します。 他の参加者の販売例を参考に、より患者様のことを考えた実践的な研修会になればと思っています。

OTCチームからのメッセージ

OTC薬品と薬剤師の係わり合い

OTC薬品OTCプロジェクトチームの目的をご案内するには、OTC薬品と薬剤師の係わり合いをご理解いただかないといけません。

調剤薬局として生まれたマスカット薬局は、医療用の薬の知識や、薬品の配合する調剤に関したプロフェッショナルを中心とした薬局です。いわゆる一般医薬品のOTC薬は、複合剤で既に調剤してあるお薬で、ドラッグストアーやコンビニなどでお手軽にお求めできるものです。薬のプロとして調剤をお役目としたマスカット薬局が、既に調剤された既製品を扱う事。これが、今のマスカット薬局の特徴でOTC薬品と係わり出しになるでしょうか。

調剤薬局でOTC薬品を扱う必要はないと考える薬剤師は全国に多くいると思います。薬剤師の方でOTC薬品をライバル視する方も少なくないでしょう。そんな中、マスカット薬局が積極的にOTC薬品を取り扱うようになったのは、患者様の要望です。昨今、自分の健康は自分で守ると考えるようになってきました。日常生活でおこる体の不調やケガの中で自分が判断できる程度の軽い症状であれば、自らOTC薬品を使って手当する。医者や薬剤師に任せず、自分でも医療に取り組むセルフメディケーションを考えられているからです。

※セルフメディケーションとは、日常生活でおこる体の不調やケガの中で自分が判断できる程度の軽い症状を自らOTC医薬品を使って手当すること。

セルフメディケーションは大切なことですが、そこに危険性があるのです。薬局に行って風邪薬を買うと、選んだ風邪薬に色々な成分が入っています。その薬しか服用しない場合は、問題がありません。当然ながら、危険なものを購入できません。ただ、他の病気を持たれており、他の薬と合わせて服用する際に、薬の相互作用が出てくるケースがあります。

例えば、胃薬の判断。「胃がおかしい」、「なんだか調子が悪い」と一言言われても消化不良のときもあれば、逆に胃酸過多の場合も有る。食あたりや、胃腸機能の低下もある。誤った判断をする危険性はあります。胃の薬の中には粘膜保護や胃腸の機能を高める薬、消化薬整腸薬、など混ぜたものが色々とあります。

また、患者さんは「胃薬なら○○が有名だから」、「以前から服用しているから」という理由で医薬品を求められるケースも少なくありません。

我々は、求められるがままにお薬をお渡しするわけにはいきません。当然ですが、薬剤師として何が入っているか充分に把握する必要があります。そして一番必要なことは、患者さんから判断基準となる情報を聞き出し、その情報から適切な判断で提案し、患者様の判断基準を正すことです。

OTCプロジェクトチームとは

患者様に最適なアドバイスをOTCプロジェクトチームは、マスカット薬局の薬剤師や登録販売者が適切にOTC薬品を提供できるよう、OTC薬品の知識をつけるためのプロジェクトです。薬剤師のお役目は、薬を売ることではなく、患者様に効果のあるアドバイスをして、健康になってもらうことです。医療用の医薬品で、調剤をプロとするわれわれは、調剤されたOTC薬品には不慣れな場合があるのです。しかし、薬剤師だからできる安全かつ有効な製品選択ができるのです。

具体的には、薬剤師の誰もが的確にOTC薬品を販売できるよう、補助ツールを作成しました。「フローチャート」と「OTC比較表」からなり、現場で有効な情報をふんだんに盛り込んでいます。「フローチャート」の特徴は、「患者の症状」から「考えられること・対応」、次に「成分・薬」、次に「主な商品」と、薬剤師の一連の思考の流れを途切れなく示したものになっています。こうした補助ツールをどんどん活用することによって、今まで以上に患者様の要望に適切に応えられるようになってきたと思います。今後も、レパートリーを増やし、取り組みを深める必要があります。

フローチャート

その他、社内での情報交換、ディスカッションを増やす取り組みを行っています。薬剤師がOTC薬品の知識を十分高めるためのものだけでなく、登録販売者もOTCを扱えるようになるわけですから、全社的に患者さんのためにどうすべきかを出来る限り言い合いたいと考えています。インターネット上に社内掲示板を構築しました。積極的に意見やアドバイスを書き合うことで、大変いい勉強、そして全社員に刺激になっていると思います。

調剤とOTCは別の分野といった感覚があるため、容易に取り組むことは出来ないでしょう。たまたまマスカット薬局にOTCに20年以上関わった者が3,4人入社し、立ち上げることが出来たのです。OTCのプロと、調剤のプロが意見しあい、融合することで、マスカット薬局の目的である、最終的に患者様に一番適切なアドバイスが出来るようにならないといけないのです。

難しいところでもありますが、やる義務があると思います。OTC薬品、サプリメントや健康がどうこというのではなく、薬局に来られる方に満足を与えるのが仕事です。これがないと駄目だと処方箋を持ってくる人もいれば、同じ処方箋でもなぜこんなものを飲まないといけないかと言われる方もいます。だから、一人一人のニーズを、ウォンツを、気付くかどうかでしょう。使い古された言葉ですが、本当にその人が何を求めているのかを理解して、それに沿うことをするのが最終的に自分たちがやらないといけないことです。

このページのトップへ