マスカット薬局のチーム活動

在宅医療チーム

チームの概要

在宅医療チーム

高齢者人口の増加に伴い、入院治療ではなく患者さん中心の『住み慣れた自宅での生活』を実現させるため、医師をはじめ、看護師・薬剤師のほかケアマネージャーなど様々な専門職種のスタッフが連携し、スムーズに入院生活から在宅療養に移行できるよう情報を共有することにより、患者さんを中心にした在宅医療をサポートしています。

薬剤師として薬局内での調剤・服薬指導だけではなく、「医・薬・看」の連携を重視したチーム医療の一員として実際に患者さんのベッドサイドまで伺い、その病状・生活環境・家庭環境・介護状況などを把握し、薬剤師としての視点から薬の服用目的・使用方法の説明や管理状況の把握、副作用の発現状況の確認や服薬困難な場合の服薬支援対策を行う、それがこれからのより専門性を持った『在宅療養支援薬局・在宅療養支援薬剤師』としての役割です。

チームの活動内容・実績

打合せ風景 在宅医療では薬の知識はもとより、いかに薬物治療としてきちんと薬を飲んでいただくかに重点を置き、個々の患者さんに適した調剤方法を検討し、場合によってはコンプライアンスを重視した処方設計を医師に提案することもあります。

また、在宅でのチーム医療を支える専門職種のスタッフが集まり、個々の患者さんについての情報共有の場である在宅ミーティングに毎週参加しています。ミーティングでは患者さんの病態や在宅での治療方針や在宅療養での問題点を共有したり、在宅での生活状況・服薬状況などを医療機関と共有したりすることにより、病状悪化時にもよりスピーディーな対応が可能になるよう情報の交換を行っています。

また、在宅医療に必要な介護保険の知識をはじめ、経管栄養の種類・特徴とその投与方法や様々な医療器具の使用方法や消毒方法など、在宅医療特有の幅広い医療知識の習得のために活動しています。

活動報告

在宅医療、それは薬剤師が活躍することのできる新しい分野だと考えます。
「患者さんを中心とした医療」それが在宅医療。
患者さんの「満足」を求めて、それが日々の日課です。

バイタルサイン研修会 2013(平成25)年05月26日
「在宅医療における医療機関との連携」 2009(平成21)年03月13日
「くすりの服用が困難な時の飲み方は?」 2008(平成20)年09月12日
「在宅医療と薬物治療」 2007(平成19)年02月01日
「患者さんを中心とした医療」 2006(平成18)年06月04日
このページのトップへ