マスカット薬局のチーム活動

学術チーム

チームの概要

近年の医療の高度化,多様化,そして高齢化社会などにより,薬剤師の職能にも大きな変化をもたらし, 従来の調剤業務に加えて医療チームの一員として薬剤師は多方面において活動する時代となってきました。
そして,医薬分業の進展により,地域の薬剤師の役割も高まってきている中で,医療チームの一員として医療安全対策においても薬剤師の重要性が増してきています。

そこで,学術チームは,当薬局全体で共有・活用できるよう情報整理・情報提供を行うことを目的に活動して参ります。

医薬品や健康食品などの安全性・有効性・適正使用を熟知し、患者様に安心してご活用頂き、地域の皆様の健康増進に寄与していけるよう、 職員一人ひとりのスキルアップを計ることができるよう支援しながら,当薬局全体のレベルアップを目指しています。
情報を知識として習得することはもちろんですが、それだけに留まる情報提供では学術チームの役割として不十分と考え,他のチームと連携して, 現場で即活かせる形での情報提供から取り組んでいます。現在は以下の内容を整理しています。

1.業務の適正化・効率化が行えるよう、『医薬品安全管理指針・医薬品安全使用のための業務手順書』の見直が行えるツールの作成
2.ハイリスク薬の適正指導のツールの作成
3.勉強会・講演会の案内、これからの新しい薬剤師としての動きや薬局としての今後取り組むべき内容等の情報発信


チームの活動内容・実績

1.医薬品安全管理指針、医薬品の安全使用のための業務手順書の見直しに活用できる医薬品の情報提供

リスクを回避し、患者様への健康被害を防ぐためのツールを作成しています。

投薬期間に上限が設けられている医薬品
特殊な用法、用量の医薬品
食事と服用時間について
緑内障に注意が必要な薬剤について
医薬品の適応外使用事例
学術チーム

2.ハイリスク薬について

上記『医薬品安全管理指針、医薬品の安全使用のための業務手順書』にも関連しますが、特にハイリスク薬については患者様に薬を安心して,適正にご使用頂けるよう、 適切な情報提供を行うためのツールを作成しています。

抗悪性腫瘍剤テオフィリン製剤
不整脈用剤精神神経用剤
抗てんかん剤糖尿病剤
血液凝固阻止剤膵臓ホルモン剤
ジギタリス製剤免疫抑制剤

上記ツールは作成後、調剤チームと連携して電子薬歴システムへの反映を行う形で進めていっております。マスカット薬局、引いては患者様に貢献できる情報提供が行えるよう、情報収集に努めています。

このページのトップへ