トップマスカット薬局のチーム活動 > リスクマネジメントチーム
マスカット薬局のチーム活動

リスクマネジメントチーム

チームの概要

薬局における調剤過誤は患者さんの生命に関わる危険性があります。世間では医療事故・調剤過誤が後を絶ちませんが、調剤者が人間である以上、ミスは“ゼロ”にはなりません。

しかし、“ゼロ”に限りなく近づけることは可能です。薬局におけるリスクマネジメントの目的は、薬局におけるリスクを把握することによって危険を予知し、分析・評価し対応策を策定・実行することにより調剤ミスや調剤過誤を減らすこと、そして薬局の質を高めていくことにあります。
マスカット薬局では全社的に調剤過誤・調剤事故を起こさないため、リスクマネジメントチームと店舗スタッフが連携しながら活動しています。

チームの活動内容・実績

リスクマネジメントは調剤過誤・調剤事故が起きる前の事前対策と起きた後の事後対策に分けられます。

事前対策として調剤事故を起こさないための散剤監査システムを全店舗導入するなど職場環境の整備や、薬局における医療安全管理指針を策定すると共に、医薬品安全使用のための業務手順書の継続的な見直しとスタッフへ周知徹底を行っています。

また、事後対策として調剤過誤が起きた場合、インターネット上の社内掲示板でその情報を共有、その後店舗で起きた事例とその対応策を調剤過誤報告書(アクシデントレポート)として定期的に全社的に収集・分析・検討し、同じ間違いを起こさないよう対策を立て、それを実践しています。

このページのトップへ