トップマスカット薬局のチーム活動その他の取り組み >  2012年9月薬局長会議報告
マスカット薬局のチーム活動

2012年9月 薬局長会議報告

日時:平成24年09月21日 場所:マスカット薬局本部

定例の薬局長会議を薬局長やエリア長と行いました。

2012年9月 薬局長会議報告最初に、日本の医療業界、ジェネリック医薬品、海外の状況、そしてマスカット薬局12店舗の状況の報告がありました。 現在の、医療費の増加は、いまだ明るい見通しが立たず厳しい状態が続いています。
その中でも、マスカット薬局は将来、薬局として進むべく道を、スタッフそれぞれが常に考えていかないといけません。

次に、「目標管理」の進捗状況を各店舗に発表しました。お薬手帳、OTC、在宅患者訪問薬剤管理について、活発に情報・意見交換になりました。 その中でも、特に在宅患者訪問薬剤管理でバイタルサインの技術取得の必要性や指導料算定の判断基準等について、時間を割いての質疑応答になりました。

2012年9月 薬局長会議報告次に、9月2日に実施した「第1回事務員研修」についての報告です。 参加者の感想から、お薬手帳の啓蒙・浸透の必要性を感じ、さらに意識の向上が図れたと思います。 店舗で感じることや気付くことを、自分で考え、「私の問題なんだ」と認識し、「私が解決しなければ、何も変わらない」と考えることが大切です。


次に、薬剤師のこれからを考えるためにワークショップを行いました。

  • 目標を明確にして、方向性を確認する
  • 薬剤師(薬局)の役割を再定義してみる
  • 薬局の新たな展開

などをキーワードに、薬局長・エリア長を3つのグループに分け、「在宅」「OTC」「調剤」のテーマを割り振って討議、 そして模造紙を使って各グループより発表していただきました。 みなさんの考えを聞くことで新しい発見がありました。 また、付箋に書き出して模造紙に貼ることで、自分の頭の中も整理できて大変有効だと感じました。

2012年9月 薬局長会議報告 2012年9月 薬局長会議報告 2012年9月 薬局長会議報告

患者さんに薬局として出来ることは何かを、いつも意識し行動を起こすことが求められています。 マスカット薬局の企業哲学に「新たな仕事を見出すためには、古いことを捨てていかなければならない」があります。 これは、大変勇気のいることでありますが、時代の流れが速くなっている今、自分の物差しに執着せずに、未来に軸足を置かなければなりません。 あらためて、マスカット薬局全スタッフが行動を起こし続けることの重要性を認識しました。

このページのトップへ