トップマスカット薬局のチーム活動その他の取り組み > 北部ガイドライン研修会
マスカット薬局のチーム活動

北部ガイドライン研修会

日時:平成27年10月15日 場所:マスカット薬局日本原店

昨年12月から始まった北部ガイドライン研修会は、今回で8回目の開催となりました。第3木曜日、月に1回ほどのペースで日本原店に集まり、これまでに高血圧治療ガイドライン2014や抗血栓薬の使用についてなどのテーマで勉強して参りました。

研修内容

北部ガイドライン研修会10月15日の研修の前半は、家庭医療専門薬剤師レジデント1期生が第54回中四国学術大会の予演をされました。今年4月から奈義ファミリークリニックで開始した家庭医療専門薬剤師レジデンシー研修の半年間の活動をまとめて発表される予定です。家庭医の先生方のご指導の下行われている、共感的なコミュニケーション、フィジカルアセスメント、臨床推論、往診同行について報告されていました。
後半は、漢方薬の考え方について講義がありました。湯郷ファミリークリニックの医師と漢方勉強会へ参加された内容を分かりやすく教えて下さいました。湯郷には漢方治療に造詣の深い先生がおられ、漢方薬の使用について詳細に指示されることがあるそうです。 たとえば、発汗による解熱を期待して処方される桂枝湯では初回2包服用指示があったり、発汗するまで追加服用したりしてよいとなることがあるそうです。また、漢方薬は製造会社によって生薬の分量比が異なることがあり、先生方はどの会社の漢方薬が使用されたかを奏功確認の際に考慮されていると伺いました。葛根湯は葛根の量が多いものほど良く効くそうです。さらに、葛根湯は発熱を促すためにお湯やしょうが湯での服用が勧められており、あとは体を暖かくして過ごすのがよいとのことです。この冬、風邪の引き始めかなと思った時に是非試してみようと思います。

このページのトップへ