トップマスカット薬局のチーム活動その他の取り組み > 第5回事務研修会報告 
マスカット薬局のチーム活動

第5回事務研修会報告

日時:平成27年11月08日 場所:マスカット薬局 マスカットホール

はじめに

11月8日(日)に第5回事務研修会を行いました。午前に、有限会社コンサルタント朋友の奥長弘三先生をお招きし、「期待される事務職員」というテーマで講演していただき、午後には、先生にも参加していただきグループ討議を行いました。

事務研修内容

午前の部:「期待される事務職員」

第5回事務研修会午前の部では、奥長先生より「期待される事務職員」というテーマで講演していただきました。会社の中で事務職員に求められる役割とは何か、その中で、事務職員として会社にどのように貢献できるのか、また、仕事への取り組む姿勢についてご講演いただきました。ただ漠然と受動的に働くのではなく、会社の中の一員として目標を持ち、働くことで店舗や会社に影響を与えていけるような働き方をしていく事が大切であり、それが人間らしく働くことにもつながるのではないかと思いました。

午後の部:グループ討議

第5回事務研修会午後の部では、5グループに分かれ各グループとも2つのテーマについてグループ討議を行いました。1つ目は『私が理想とする事務職員像』、2つ目は『何故、個性を持つことが求められるのか』というテーマです。どちらのテーマも事務職員が目指す姿と、そのために何が必要なのかが問われる内容で参加者もまとめることが難しいようでした。
今回のグループ討議の内容は一度考えて答えが出るものではありません、これからの日常の中で、折に触れて考え、各々がそれぞれ答えを見つけ、実践していくことが重要になってくると感じました。

参加者感想

一宮店 槌田

奥長先生のお話でまず感じたことが、事務員も自分の考えを持って行動することが必要であるという事です。
私は今まで事務員は薬剤師の指示の下、スムーズに患者様対応ができるようにサポートすることが一番だと考えていました。しかし奥長先生のお話によると、今は個人個人が自分の意思によって行動する時代であるとのことでした。個性を発揮し、それぞれが目標を持ちそれに向かって努力することで新しいことができるという言葉は、私自身の良い刺激になりました。
その後の事務員同士でのワークショップでは、他店の事務員それぞれの考えを聞くことができました。また自分で言葉にして話すことで頭の中の考えが整理され、他の人の考えを聞くことで自分とは違う視点を聞くことができたのはとても興味深かったです。
今回の研修を通して、すぐに自分の個性を発揮することは難しいと思いますが、少しずつでも自分ならではのアイデアを出していくことができるように勉強や経験を積んでいきたいと思います。

倉敷店 柚木

今回の研修を通して、目標の大切さを学びました。奥長先生の講演に「今まで見過ごしていたことも、真剣になって全力投球することで自然と情報が入ってくるようになる」というお話がありました。単なる役割分担や与えられたノルマではなく、自分に何ができるのかを考え、個人の目標を設定し積極的に行動することが大切だと気付きました。また、グループ討論では「理想の事務員像」について話し合いましたが、自分自身を振り返り、未熟な部分がたくさんあると改めて感じました。恵まれた環境を無駄にせず様々なことを吸収し、目標を持って過ごしていきたいと思います。

湯郷店 早瀬

今回の事務研修のタイトルが「期待される事務職員」という事でしたので、事務の仕事の役割についての話かなと考えていて、薬剤師の補佐業務が主に期待されている事と思っていました。 しかしそれだけではなく一人ひとりが店舗をどうしていきたいか、そのためには自分には何ができるかを考えそれを個人目標として掲げて仕事をすることが大切だと知りました。 今季の目標が「新しいことに挑戦する」だったので一人で目標を設定していましたが、みんなに相談しながら目標を決め実現に向けて全力投球する事や自分一人の頑張りだけでなく周りの人の協力があってからこそ達成できる事を学びました。 また、グループワークでは2つのタイトルについて話し合いをしました。普段あまり交流のない他店舗の方との意見交換ができ参考になりました。 今回学んだことを活かし、今後は「人間らしい働き方」をしていきたいと思います。

第5回事務員研修 第5回事務員研修 第5回事務員研修第5回事務員研修 第5回事務員研修

このページのトップへ