トップ 採用情報 > 先輩からのメッセージ(廣瀬 瞳)
マスカット薬局のチーム活動

先輩社員からのメッセージ

薬剤師 廣瀬 瞳 【平成17年3月卒業 明治薬科大学薬学部衛生学科】
2010年入社 現在 本店勤務

現在の携わっているお仕事とやりがいを教えてください。

先輩からのメッセージ薬を調剤して患者さんへ薬を渡すことが基本になります。より効果的に、より安全に服用していただくには、患者さんとの話の中で、体調や、薬の飲み合わせなど聞き出さないといけません。気になるところは、医師に問い合わせし、場合によっては中止することなどが必要になります。薬をより安全に最大限に効果が発揮されるよう導くことが、患者さんのためになっていると感じるときやりがいを感じます。
自分の話し方次第で患者さんの対応が変わってくることに気づいたり、患者さんの質問から、さらに調べ、深く理解することにつながったりします。本当に患者さんに勉強させてもらっている気がします。総合病院の前なのでさまざまな患者さんの話が聞けて学ぶことが多いので感謝しています。

製薬会社から転職されましたが、環境が変わりましたか?

MRでは自分の会社の薬しかなかなか勉強しないので、それ以外の分野の勉強は、十分できていませんでした。業界の経験は少しありますが、患者さんと接することもまだまだ未熟ですし、大変な毎日でした。毎日帰っては勉強する状態で…、今でもですけど。

なぜ薬学部に入ったのですか?

健康に興味があったのと、母の影響が大きかったのだと思います。母が臨床検査技師でいろいろな医療現場の話を聞いて育ちました。気がつけば医療系に興味がありました。高校から薬剤師を目指してきましたが、理系があまり得意ではないので、ちょっと薬剤師になるのには苦労しました。

薬剤師を目指されてなぜMRに?

先輩からのメッセージ薬剤師に向けて就職活動をしているうちに、もっと広い世界・営業を経験してみたいと思ったのです。同じ業界でも違った角度の経験ができると思って飛び込みました。ご縁があったのかもしれませんね。

マスカット薬局のどの部分に惹かれて入社しましたか?

岡山で2~3社面接も受けたが、社長の新しい薬局へ変わろうしてる意欲を強く感じたことです。そして、スタッフの皆さんが勉強熱心だというのを感じて、私もそんな環境に身を置けたら、勉強しながら薬剤師としても成長していけるのかなと思いました

入社後のマスカット薬局のイメージは変わりましたか?

みんな技術的なことも、患者に対する意識も高く、イメージは変わっていません。学生用の研修カリキュラムを受けることができたのですけど、系統立てて教育してもらって分かりやく、とても役立っています。

薬剤師になってわかった、大変なこと、つらいことを教えてください。

人の命を預かっているということが怖く感じるときがあります。一つ何かを間違えるとその人の健康を損なってしまうということがありえます。責任感の重さを感じながら仕事をしていかないといけないので、大変だなと感じます。

就職活動する学生さんたちにエールをお願いします。

先輩からのメッセージとにかく一生懸命やった方がいいよ!自分が将来どうなりたいかを考えて、それに向かって一生懸命進んでいけば、自分の思いと合致する仕事に必ず巡り合えると思います。自分がどうなりたいか?何のために働きたいか?そうやって強くイメージをするかしないかで大きく違うと思います。自分の将来、核となることを真剣に考えて就職活動に取り組んで欲しいと思います。がんばれ!

このページのトップへ