トップ採用情報 > 薬剤師の1日
マスカット薬局のチーム活動

薬剤師の1日

大呂 真史 の場合

9:00

出勤

自宅から湯郷店までは車で30分。安全運転で通勤です。
勤務はシフト制で早出の日は8時半、遅出の日は9時半出勤です。
ちなみに今日は遅出の日なので朝は少し余裕があります。

出勤
10:00

通常業務
 ・調剤
 ・鑑査
 ・服薬指導
 ・薬歴記入

湯郷店には小さなお子さんから高齢の方まで幅広い年齢層の方が来局されます。
ちいさなお子さんは粉薬やシロップ剤、お薬の種類が多い高齢の方はひとつの袋にまとめることが多く、 患者さんによっていろいろな形でお薬を用意します。
薬局内はてんてこまいですが、正確な調剤、冷静な鑑査でお薬をきちんと用意します。

服薬指導の前には薬歴をしっかりと確認し、
「○○ちゃん、熱が高いのかな?大丈夫かな?」
「▲▲さん、お薬はしっかり飲めてるだろうか?たくさん残ってないかな?」
など、患者さんの状態を考えながら服薬指導を行います。

通常業務

通常業務
13:00

昼休み

忙しい午前業務も終わり、ようやく昼休み。
お弁当を食べた後はコーヒーを飲みながらのリラックスタイムです。

昼休み
14:00

薬歴管理

 または

来局された患者さんで、特に気になる患者さんの薬歴をこの時間に再度確認します。
「飲み忘れが多く、薬がたくさん残ってきている」
「先生には言ってないが気になることがある」
など報告の必要性を感じた場合には処方医へのフィードバックを行います。
-----------------------------------

在宅訪問

通院することが困難で、往診をうけられている患者さんに対しては処方医と相談し、ご自宅にお伺いしてお薬の管理等を行います。主に服薬状況の把握、残薬の確認、副作用のチェックを行い、その情報を処方医にフィードバックします。

在宅訪問時には1週間単位で朝・昼・夕・寝る前と書いた大きな表を作り、そこに分包したお薬をテープで貼ったお薬カレンダーを用意します。
このカレンダーをベッドサイドや目に付くところに掛けておけば、飲み忘れが一目瞭然です。

在宅訪問では患者様だけでなく処方医からアドバイスを求められることもあります。
最近ですと、麻薬・ペインコントールに関して、
「癌性疼痛で口腔内の痛みを訴える患者さんに対する処方で良いものはないか?」
という問い合わせがありました。
即答できなかったため、早急に情報を集めて回答したところ回答内容が処方に反映されていました。
患者さんからも「痛みが楽になったよ」との言葉を頂き、非常に嬉しく思ったことは記憶に新しいです。

処方医からの質問は即答できない場合もありますが、日々の勉強のモチベーションに繋がる部分でもあります。
患者さん、処方医に頼られる薬剤師になるべく、がんばらねば!!

在宅訪問




在宅訪問
16:00

通常業務
 ・調剤
 ・鑑査
 ・服薬指導
 ・薬歴記入

薬歴記入、在宅訪問の後は午後の通常業務です。
5時前後になると保育園帰りの小さなお子様が目立ちます。
待合室は子供の声でにぎやか、にぎやか。

お薬好きなお子さんばかりではありません。
しっかりお薬を飲んで頂けるように薬の飲み方、飲む方法に重点をおいて服薬指導を行います。

通常業務
18:00

在庫管理・
  発注業務

通常業務終了後は薬の在庫確認、発注を行います。
定期的に使用している薬、季節ごとに必要な薬の発注はもちろんですが、レセコンの来局予想機能を使用し、必要な薬を必要な分だけ発注し、過剰在庫にならないよう心掛けます。

在庫管理・発注業務
19:00

帰宅

1日の業務終了。後片付けをして帰宅。
今日の晩御飯は何を食べようかなぁ?

帰宅
このページのトップへ