トップ教育 > H22年度 新入社員合同研修
教育

H22年度 新入社員合同研修

新入社員合同研修平成20年度より、他医療機関にご協力いただき、新人の薬剤師、事務職の方に対して、新入社員合同研修を実施しています。
入社時の4月、その後、10月、3月にフォローアップ研修を行っております。4月の研修では、主に社会人としての心構えや医療職としての接遇を学びますが、以降の研修では、他の方とチームとして働く上で大切なことなどを学んでいきます。

研修で一番印象に残ったことは?(2010年入社時研修より)

接遇についてです。患者様に対する私の行動は、すごく大切なものだと思いました。
これからは患者様が医療機関や薬局を選んでいく時代になりますので、患者様に対する接し方は、とても重要なことです。患者様の事を、もっと知ろうとか、もっと知りたいと思うことで私の行動も少しずつ変わっていくように思いました。
グループで進める作業が印象深かったです。
1人では答えが出せないこともあり、人の意見を聴くことで前に進めるのだなあと思いました。これは働く上でも同じことだなと気づきました。 1人ではなく、みんなで力を合わせることが大切だと思いました。

・働くこととは?

・多職種の方と共に地域に貢献するためには?

・薬局で働くプロフェッショナルになるためには?

働く上で大切にしたいこと、それは社員一人ひとり違うのだと思いますが、この研修を通して、上記のようなテーマを視野に入れながら、これから自分自身がどのように仕事と向き合っていくべきか考えていただきたいと思っています。
そして、仕事を通して人間として成長していくための基礎を築いていただきたいと願っています。

新入社員フォローアップ研修

実施日:平成23年03月15日

平成22年度の新入社員に対して、昨年4月、10月に合同研修を、また先日、この1年間のまとめとしてフォロー研修を実施しました。
グループに分かれてコンセンサスゲームをしたり、「新人に伝えたいこと」を考えて書き出したりする中で、この1年の自分達の姿を振り返り、研修の最後には、今回の研修の感想や今後の抱負について3分間スピーチを行いました。
(総社店:角脇 奈義店:家森)

新入社員フォローアップ研修  新入社員フォローアップ研修  新入社員フォローアップ研修

フォローアップ研修を終えて

新人を迎える側になる、ということで、「新人に伝えたいこと」をグループで考えましたが、新人だけでなく、2年、3年たっても続けなければならない、基本のことが多く上がりました。今より一段上のあいさつ、返事、報告・連絡・相談ができるようになりたいです。


私は人前でスピーチしたり自分の意見を述べることが本当に苦手です。
いつも受け身になってしまうのが私の反省点だと今日も思いました。でも1回目の時よりは、ほんの少しですが自分の意見を言えた様に思います。これからも自分のよくない部分を少しでも直せるよう努力して、ミーティングの時など意見を言っていきたいです。

明日からどうする?

新人に自信を持って教えてあげられるように、今までの態度をふり返る。ダメだったところ、直していかないといけないことは直す。


目標を立てようと思います。患者さんと少しでも会話が楽しくできるよう笑顔で接したり、もっとニュースを見ようと思います。コミュニケーションは、とても難しいですが、自分が変わらなければ何も変わらないので、努力します。

このページのトップへ