トップ教育 >平成26年度 新人合同フォロー研修会(最終)
教育

平成26年度 新人合同フォロー研修会(最終)

実施日:平成27年3月13日( 金)

新入社員合同研修3/13(木)日本原病院にて新人合同フォローアップ研修会(最終)に参加致しました。
今回の研修会では、4月から行ってきた「新人合同研修会」の1年間のフォローアップを目的にし、それぞれ1年間を振り返りながら先輩になるにあたってどのようにしていくべきか学びました。
 グループワークでは、1年間一緒に行ってきたメンバーと再度グループになりました。以前よりコンセンサスを取りながらまとめる事がスムーズになるグループもあったり、少数の人数でもうまくまとまらないグループもあったりと、さまざまでした。
これを職場の中で考えてみると、どんなに大変なのか感じました。それらの意見もコンセンサスによってまとめる事が出来れば、良いものが出来るのだと感じました。

今回で終了となりましたが、それぞれにとってこの1年間は一緒に考えながら意見を話し合えた良き理解者であると思います。働く場所は違いますが、思い返した時に次のステップに活かせれるよう日々の業務を行っていきます。

新入社員合同研修

中西由江

一番印象に残ったことは?

 前回までよりも、コンセンサスが難しく感じた。4人で行うコンセンサスも大変なので、職場等もっと人のいる場でコンセンサスを行う事は、難しい事かもしれないと思った。

明日からどうする?

「相手の心のドアは外側からしかあける事が出来ない」という事を意識し、自分から気持ちの良い挨拶や声掛けを頑張ろうと思う。

田中綾

一番印象に残ったことは?

 コンセンサスは時間がかかるが、より深い答に辿りついていくので、大変感心した。

明日からどうする?

一人で判断しないで、誰かに相談する。  後輩がより理解出来るように、分かりやすいポスター・イラスト等を使って説明する。

森有紗

一番印象に残ったことは?

接遇について前回の振り返りをしていると、まだまだ自分に身についてない事を痛感しました。普段から心がけていない事が原因の1つなので、常に相手を考えながら行動する事忘れないようしたいです。

明日からどうする?

新人指導の前に自分の行動・言動を見直し、尊敬されるような先輩になりたいです。また、指導の中で学ぶ事沢山あるので、一緒にレベルアップして成長できるよう、たくさんの事を吸収していきたいです。

太田侑希

一番印象に残ったことは?

いろんな意見・アイデアが出てきて笑い合いながら出来た事です。今までやってきた班ごとのコンセンサスの中で今回が一番楽しくワイワイと出来たような気がします。

明日からどうする?

ミーティングでつまった時、コンセンサスが得られるように意見をしっかり言う。  1人で抱え込まないように、ホウ・レン・ソウをしっかりする。  分からない事を放置せず、すぐにすすめる。

鳥家麻未

一番印象に残ったことは?

久しぶりに再会したメンバーはそれそれ成長していて、悩んでいる事も一人ではないのだと思う事ができました。

明日からどうする?

1年目はとにかく新しい事ばかりで、覚えるだけで精一杯な毎日でしたが、2年目は余裕をもって仕事をしたいです。周りを見て少し意見も言っていけたらと思います。

藤井綾

一番印象に残ったことは?

この研修会で出会った人たちは、かけがえのない医療人としての仲間で、新人という立場での良き理解者です。今後も交流を深めていけたらいいなと思います。

明日からどうする?

笑顔を心がけて常に大きい声でハキハキと。  業務について意味を理解して行う。  患者様への対応をよく考える。

柚木菜摘

一番印象に残ったことは?

 「自分が先輩として次の新人にこれだけは伝えたい」というテーマで考えた時、1年経った今の状態を振り返りましたが、まだまだ出来ていない事もたくさんあって、先輩としてどうあるべきか考える事が出来ました。

明日からどうする?

今後輩が入ってきているので、もっとお手本になれるように頑張りたいです。  日々の仕事に責任を持って取り組み、自分から提案をしたり、行動したりできるように心がけていきたいです。

杉本絵理

一番印象に残ったことは?

接遇の振り返りです。遠慮がいらない人にも1人の人として敬意をはらう事や例え相手が挨拶を返さなくても自分はしていき、主体的な人間として生きる事など、接遇には自分の生き方が出てくると改めて教わった事です。

明日からどうする?

優先順位と時間配分を考えながら段取り良く仕事を進め、今何をすべきか周りに目を向け行動していく。  今と同じレベルの仕事ではなく、もっと質の高い仕事をしていけるよう、自分自身の行動を改善しつつ、仕事の効率・精度を上げていく。

このページのトップへ