トップ教育 > マスカットホールにて認知症研修会を開催しました。
教育

マスカットホールにて認知症研修会を開催しました。

実施日:平成27年10月15日 場所:マスカット薬局 本店(マスカットホール)
講師:倉敷紀念病院 副院長 安田雄先生

倉敷紀念病院 副院長 安田雄先生をお招きし認知症研修会を行ないました。

「倉敷店における認知症早期発見の為の取り組み」

まずはじめに、倉敷店管理薬剤師安倉央より、一般講演として「倉敷店における認知症早期発見の為の取り組み」について講演しました。 認知症スクリーニングシステムを用い認知症の早期発見に努めていくという新しい取り組みの報告をし、参加していた薬剤師よりとても興味深い内容で自店でも導入を検討してみたいという意見をいただきました。

「認知症 Up to Date」

認知症研修会1特別講演として安田雄先生より「認知症 Up to Date」と題して、認知症の基本から、血小板凝集能とアルツハイマーの関連といった新しいトピックスについてもお話頂きました。また、認知症の患者さんとの接し方についてもお話頂き、薬剤師のみならず、事務員にとっても日頃から接する機会の多い認知症患者さんの接客の仕方についても改めて勉強することが出来ました。
今後は、新オレンジプランにも記載されているように地域の方で、もの忘れに困っている方への医療機関への受診勧奨等を薬局薬剤師も行っていかなければなりません。その為の一助となる研修会となりました。


参加者感想

湯郷店薬剤師 藤本

薬局薬剤師は認知症患者の早期発見につとめることとなっておりますが、実際には何も活動できておりません。美作地域で認知症サポーターの認定をうけており、今回専門医の講演会であったので非常に興味があり参加しました。
認知症と抗血小板薬「シロスタゾール」の関係をはじめて聞いて非常に参考となった。認知症では脳内に老廃物アミロイドベータが蓄積されることが知られているが、アミロイドベータの蓄積を脳外に流し去る作用を有することがシロスタゾールにあることに驚いた。シロスタゾールが進行を予防する有効な手段となりうるかどうかが非常に興味深かった。 また、アロマが認知症に効果がある事も発見でしたので早速取り寄せて、まず自分の家族から使ってみようと思いました。 今後の薬剤師としての仕事に活かせるよう、また参加させていただこうと思いました。

このページのトップへ