トップ取り組み地域活動 > 奈義町のコミュニティハウスにて講演会・測定会を行いました。
取り組み

奈義町のコミュニティハウスにて講演会・測定会を行いました。

日時:平成27年05月12日 場所:奈義町関本地区
管理栄養士 石和田 光

はじめに

岡山県北東部にあります奈義町では定期的にそれぞれの地区でサロンが行われています。今回は関本地区のサロンから食事をテーマに依頼があり、講演会と測定会を行いました。参加者は男性5名、女性17名の計22名でした。

講演の内容

関本地区講演会講演のテーマを「骨粗鬆症」として、先に骨密度を測定してからお話しを行いました。 「骨粗鬆症というとどんなイメージをもたれますか?」と参加者に聞くと「骨がスカスカ」「カルシウムが足りん」といった声が上がりました。 今回のお話は、骨が何からできているのか、骨が弱くなる原因、そして予防のための食事・運動・日光浴についてお話しました。食事では、カルシウムが多い食品を当てるクイズ、食事摂取基準にある日本人の1日のカルシウムの摂取目標量を食材に置き換えるとどのくらいになるのか、などをお話しました。

講演後の質問

question「青汁は本当に体にいいのか?」「毎日ブルーベリーたくさん食べているけどいいですか?」など自分たちが健康に良いと思って食べているものや、好きな食べ物に対する不安を抱える質問が多かったです。

講演を終えて

講演後のアンケートには「自分たちの老後にも思い当たる事ばかりで分かりやすく、ありがとうございました。」というご意見もあれば、「お話はいいのですが、1人暮らしのため、なかなか・・・」といった声もありました。保険薬局として地域の皆様のニーズに合った健康づくりをより良くできるようこれからも取り組んでまいります。

このページのトップへ