トップ取り組み地域活動 > アロマテラピーの講習会を行いました。
取り組み

アロマテラピーの講習会を行いました。

日時:平成28年11月10日(木) 場所:JAかがやきの会
アロマセラピスト 青井教代

アロマテラピーの講習会

アロマテラピー講習会平成28年11月10日「JAかがやきの会」のみなさんにご依頼いただき、アロマテラピーの講習会を開催しました。参加してくださった方は23名でした。

まず、みなさんにアロマテラピーとは何か、どんなものかを知っていただくためのお話をさせていただきました。日本語では、芳香療法と直訳されますが、自然療法のひとつであること、人が本来持っている自然治癒力を元の状態にする手助けをしてくれること、美と健康に役立ってくれることなどをお話しました。みなさん、真剣にうんうんとうなずいてくださったり、メモを取ったりしながら聞いてくださいました。
お話のあとは、アロマスプレーの作成です。数年前に「たけしのみんなの家庭の医学」で話題になった、昼用アロマでスプレーを作成しました。この香りは、鳥取大学の浦上先生のおすすめです。ローズマリー・カンファ―精油とレモン精油がブレンドされたもので、すっきりとしたさわやかな香りで、まさに朝にぴったりの香りです。初めて香られた方も多く「私はあんまり好きじゃないなあ」という声も聞こえてきました。逆に「さわやかじゃわあ」という声も。嗅覚を鍛えることは大切なことなので、嫌いな香りと思うことは、嗅覚がそれだけしっかりしていることを再確認できたということです。
作り方はとても簡単です。精油を無水エタノールに溶かし、濃度が1%になるように精製水で薄めると出来上がりです。今日は、5mlの無水エタノールに対して、精油10滴、精製水45mlで作成しました。みんなで10まで数えたり、こぼれたわあと言いながら、とても楽しくスプレーを作成しました。部屋中にローズマリー精油とレモン精油のすっきりとした香りがたちこめ、とてもすがすがしい気持ちになりました。 今日から、さわやかな香りに包まれて過ごしていただきたいと思います。
また、みなさんのすてきな笑顔にお会いできる日を楽しみにしています。

このページのトップへ