トップ取り組み学会発表 > 第45回 日本薬剤師会学術大会
取り組み

第45回 日本薬剤師会学術大会

日時:平成24年10月7日(土)~8日(日)
場所:アクトシティ浜松等


第45回 日本薬剤師会学術大会

昨年、宮城県仙台市で行われる予定だった第44回学術大会は東日本大震災のために中止となり、今大会は1年越しの開催でした。

災害対応医薬品供給車両「Mobile Pharmacy(MP)」そういった背景から今大会では、災害医療支援や災害対策に関する各地域での取り組み・報告が多くなされていたのが非常に印象的でした。

また展示会場では宮城県薬剤師会により企画・制作された災害対応医薬品供給車両「Mobile Pharmacy(MP)」が展示されており、その内部や宮城県での災害時医薬品供給管理システムについて公開されていました。



日本薬剤師会学術大会 ポスター発表の内容

今回、私たちは「薬剤師とケアマネージャーとの連携への取り組み」、「地域医療における共同薬物治療管理(CDTM)に向けた取り組み」、「一般用医薬品(OTC医薬品)販売教育への取り組み」という3つのテーマでそれぞれポスター発表を行いました。いずれもマスカット薬局独自の取り組みとして注目されており、多くの方が質問に足を運ばれていました。
特に薬剤師とケアマネージャーとの連携については、在宅医療・介護分野において多くの方が関心を寄せているもののまだ十分には浸透していない領域であり、私たちの発表は非常に注目を集めていました。


薬剤師とケアマネージャーとの連携への取り組み    安倉央(倉敷店)

薬剤師とケアマネージャーとの連携への取り組み
薬剤師とケアマネージャーとの連携への取り組み

地域医療における共同薬物治療管理(CDTM)に向けた取り組み  小川壮寛(奈義店)

地域医療における共同薬物治療管理(CDTM)に向けた取り組み
地域医療における共同薬物治療管理(CDTM)に向けた取り組み

一般用医薬品(OTC医薬品)販売教育への取り組み    小西圭樹(総社店)

一般用医薬品(OTC医薬品)販売教育への取り組み
一般用医薬品(OTC医薬品)販売教育への取り組み

おまけ

うな重浜松といえば「浜名湖」そして「うなぎ」です。2日間の発表を終え、浜松駅前のうなぎ店にて地元のうな重を十分に堪能し、帰途につきました。これもまた学会の醍醐味です。

このページのトップへ