トップ取り組み学会発表 > 第4回 日本プライマリ・ケア連合学会学術大会
取り組み

第4回 日本プライマリ・ケア連合学会学術大会

日時:平成25年05月18日(土)~19日(日)
場所:仙台国際センター


第4回 日本プライマリ・ケア連合学会学術大会

仙台で開催されました日本プライマリ・ケア連合学会学術大会に参加しました。まだまだ復興もはかどらない状況の中での開催でした。当日も会場は大きな余震に見舞われました。1日も早い復興を望んでやみません。
メインテーマである「新しい地域医療を拓く」にあるように、災害や急速な社会の変化などに関わるプライマリ・ケアの役割は大きくなっています。全国各地での様々な取り組みや、報告を多く学ぶことができ、ますます地域医療、プライマリ・ケアの重要性を感じました。明日からの業務に活かしていきたいですし、考え続けていきたいテーマになりました。

日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 発表内容

発表テーマは、「医学生および研修医の薬局見学実習の満足度調査(第1報)」。

第4回 日本プライマリ・ケア連合学会学術大会我々は、地域医療施設で臨床実習を行っている医学生を受け入れ、薬局見学を行っています。医学教育の一部として、多(他)職種連携の現状を感じてもらえれば、自身が医師となられた時に「どのような連携を行うのか」のヒントになれ、ばとの思いから行っているものです。しかし、ただ受け入れているだけでは自己満足になりかねない。彼らに満足してもらっているのだろうか。との思いから、満足度調査を行わせていただいています。その結果を発表させていただきました。会場からは質問のほか、アドバイスもいただき、今後の参考として貴重なご意見をいただけました。さらに改善を図り、満足度の高い内容にしていきたいと思いました。

参加者の感想

シンポジウムやワークショップに参加しました。今回は特にワークショップ12「薬剤師のためのフィジカルアセスメント」に期待をしていました。最近は薬剤師によるフィジカルアセスメントが注目されています。フィジカルアセスメントは目的ではなく手段です。フィジカルアセスメントにより何をするのか。何を提供していくのかが注目されています。今回は少しヒントを得たように感じています。フィジカルアセスメントは他店舗(倉敷店,湯郷店等)では行っていますが、奈義店ではまだ実践していません。必ず取り入れたいと思っています。これから少しずつ実現に向け取り組んでいきます。次回の第5回大会は、岡山での開催です。地元での開催となり、何かお手伝いができればと思っています。地元開催に向け、取り組んでいきます。

このページのトップへ