トップ > 医薬品情報管理室
医薬品情報管理室

医薬品情報管理室(DI室)

医薬品情報管理室(DI室)行政・製薬会社・病院.薬剤師会・地域などの関連する情報を,薬局薬剤師の「視点」で捉えて,患者さまをはじめとして,実務実習(薬学生実習),社員教育,地域・学校・病院などに必要な情報を提供し,また一方的でなく質問も受けています.
地域の皆様に開かれた形の医薬品情報管理室がマスカット薬局には有ります.

情報室からのメッセージ

医療は,FACE TO FACEである.

チーム医療の強化(医療機関と保険薬局の連携の強化)を行い,医薬品などに関する多くの情報を収集・整理し,患者さんに有効かつ安全な薬物療法を実施していただくため,医療従事者や患者さまにニーズに応じた情報を提供・伝達することが主な業務です.

『くすり』と『正しい情報』が一緒になってはじめて,有効かつ安全に使用することができる真のくすりとなります.

1.医薬品情報などの収集・整理・保管

お薬が安全かつ有効に使用されるために,厚生労働省,製薬企業をはじめさまざまな情報源から最新の情報を積極的に収集し,薬剤師としての専門知識のもとに評価し,有効に活用できるよう工夫して加工・管理を行い,必要に応じていつでも利用できるよう保管・管理しています.

2.資料のデータベース化

職員全員が,必要な時に医薬品情報管理室で管理している情報を容易に入手できるよう,情報室にある資料をデータベース化しています.

3.医薬品などの情報提供

職員や患者さんに必要とする情報を提供しています.その他, 医療関係者や一般市民などからの問い合わせに対しても対応しています.

医薬品情報管理室は,患者さんや県民にとって,本当の意味での薬をお渡しできるように支援する『縁の下の力持ち』の部分と考えています.

このページのトップへ