家庭医療専門薬剤師レジデンシー

  • レジデンシー
  • 医師と共同して家庭医療を

    提供する薬剤師を育成しています



家庭医療とは、家族丸ごとを継続してみていく医療です。
家庭医療を特徴づける3つの柱として「患者中心の医療」「家族志向のケア」「地域包括医療」があります。
「家庭医療専門薬剤師レジデンシー」は、これらのことを学ぶ4年間の教育制度として、家庭医の協力の下、運営しています。
そして、医師と同じ土台に立ち、日常生活の中で薬剤師としての専門性を活かし、地域の健康を支える人材を育成しています。



レジデント


  • レジデント
  • 薬剤師は患者さんの「医療の窓口」として最適
    「医学部に入ったのに山奥の医者養成コースがない!」と僕が若い頃、悩んでいたことに再び直面しないよう教育環境を作る中で、医師だけを教育してもうまくいかない地域医療の現実に直面するようになりました。
    いろんな職種の人に、家庭医療を身につけるコースが必要だと実感し、まず看護師向けのコースをスタート。次は薬剤師、と思っていたところ、マスカット薬局の高橋社長から、地域で頑張る薬剤師を育てる仕組みを作りたいとご連絡いただき、「薬剤師に求められる機能は何か?」を相談しながら作った教育システムです。

    例えば、医師が2か月分くらい処方を出すときなど、次の診察までの血圧変動などを薬剤師が評価し、処方調節の提案をしてもらえたら助かります。
また、患者さんが最初に飛び込む場所である薬局で、症状から病態を推察し「今日、病院に行ったほうがいいですよ」とか、「明日まで待ってみては」といったアドバイスをしてもらえるといいですね。
今後もさらに発展させ、役割分担が一層できる時代になればと思っています。



レジデント


  • 医師と協同して患者さんを支援
    『家庭医療専門薬剤師レジデンシー』は、4年間の教育制度として、家庭医の協力の下、運営しています。「目的」は「薬剤師の立場から『家庭医療』を実践し、地域の健康を守る薬剤師を育てる」こと。
    「ねらい」は「自己決定力を高め、自らの意思で行動する」「目の前の患者のみならず、周囲の環境へも配慮できるよう視野を広げる」「医療に必ず正解があるわけではないことを理解し、ベストな選択ができるよう自己研鑽を怠らない」です。

    そのため、「到達目標を設定し、マスカット薬局の薬剤師として勤務しながら医療機関で週1日研修を2年間行う」という特徴を有しています。「ゴール」は『臨床推論に基づき、受診勧奨トリアージが行える』、『適切な薬物療法を提供できる』ことであり、一般用医薬品(OTC)の販売時などでの受診勧奨トリアージと、適切な調剤と説明によりアドヒアランスを向上させ、副作用の早期発見と発現率の低下を目指しています。
  • レジデント