日本原店


マスカット薬局では、ご利用者様をはじめ、地域住民の方々の安全確保の為、新型コロナウイルス感染症の予防対策を行っております。厚生労働省の基本方針、岡山県下の取り組み、行動計画に基づき対策チームをもって、厳格な対応を進めています。

感染予防の取組

マスカット薬局では、感染予防として下記の取組を行っています。
  • 職員の健康状態の管理(毎日の体温記録・倦怠感・咳等の有無)
  • 職員のマスク着用
  • 受付・投薬口へのアクリルパーテーションの設置
  • 薬局入り口にアルコール手指消毒の設置
  • 化粧室へのハンドソープの設置
  • 血圧計・体組成計などの測定機器や雑誌・新聞などの共有物の撤去
  • ソーシャルディスタンスの確保
  • 薬局内の換気
  • 薬局内の消毒
 

地域の皆様の感染予防への取組

マスカット薬局では、ご希望者様へ店内消毒に用いています次亜塩素酸水の無料配布を行っています。また情報提供として次亜塩素酸水の取り扱いについてマスカット薬局医薬品情報管理室が作成した資料を基に説明を行っています。

 

各種イベント等の中止

マスカット薬局では、新型コロナウィルス感染拡大の恐れがあるため、現在すべてのイベントを中止しております。また、原則栄養相談につきましても中止とさせていだきます。そのため、『おかやまケンコー大作戦』のポイント付与についても現在行っておりません。

再開につきましては、改めてご案内させていただきます。ご参加を予定されていましたみなさまには、ご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。何卒ご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

マスカット薬局日本原店は店舗周辺地域のコミュニティを対象に、薬剤師による薬の話や管理栄養士による食事・栄養の話、測定など様々なテーマで出張健康教室をしております。

2019年6月13日に津山市新野東久本公会堂、7月7日に津山市新野東工門コミュニティハウスにて出張健康教室を行ないました。

健康教室のテーマは『ロコモチェック』『物忘れチェック』『骨量評価』でした。

参加者からは「日常生活に活かしていきたい」「血圧測定や血管年齢、おはしで豆をつかむ等のゲーム、塩分測定、折り紙のテーマもして欲しい」などの感想がありました。

皆様のご要望に合わせた出張健康教室が開催できますので、ぜひお気軽にご依頼ください。

2019年6月1日(土)~7日(金)マスカット薬局全店で「薬局へ行こう!ウィーク」を開催しました。「薬局へ行こう!ウィーク」は健康づくりのために気軽に薬局を利用して欲しいという思いから全国の薬局が一斉に行っている健康イベントです。

今年も薬剤師による薬の相談や管理栄養士による栄養相談に加え、各種測定会や健康情報の発信、様々な健康食品の試食試飲、アロマ体験など様々な健康イベントを行いました。、期間中は多くの地域住民の方々に参加して頂き、大変喜んでいただけました。  

 今後も、イベントを通じて地域の方々の健康をサポートしていきたいと思います。

3月10日(土)日本原店にて健康祭りを開催しました。今回の健康祭りのテーマは測定会です。物忘れ測定・肌の水分測定・肺年齢測定・血圧測定の4種類をおこないました。

測定会

物忘れ測定は,この測定だけを目的に来られた方もいらっしゃいました。タッチパネルでの操作に戸惑う方もおられましたが、みなさん楽しんで測定されていました。
肌の水分測定では、適切なハンドクリームの量をマッサージしながら塗りこむことによるお肌の水分量の違いを体感していただきました。事前にユースキン製薬様のハンドケア講習会にて学んでいたので、スムーズに患者様へも講習ができました。
肺年齢の測定は難しかったのか、エラーがでる方も多くいらっしゃいました。しんどいから2度目はいいわ、と言われる方がおられなかなか上手く測定できない方もおられました。
血圧測定は普段から測られている方も多く、普段の数値をお伺いしてお話させていただきました。

終わりに

今回の健康まつりでは、女性の方の参加が多くハンドケア講習会は大変好評でした。またこのようなイベントがあれば参加したいという嬉しいお声もたくさんいただきました。普段は時間を気にされてなかなか聞けないお薬の相談や健康相談もしっかりと行うこともできました。

次回の開催では測定会だけでなく、魅力あるイベントも一緒におこないたいと思います。

講演「薬局を上手に利用してもらうために」

平成29年4月2日、旧日本原保育園にて開催された日本原地区悠遊会(老人会)総会にて講演を行いました。 悠遊会総会では食事・懇談やゲームを楽しむために36名のお年寄りが集まっておられ、その中には、普段日本原店をご利用頂いている方もおられました。

今回は「薬局を上手に利用してもらうために」というテーマで講演ささていただきました。処方せんの調剤とOTCの販売だけではなく、薬局にできる事、薬剤師の薬局外での活動について理解していただくことを目的にお話をしました。
講演では残薬の問題、お薬手帳の活用方法、かかりつけ薬剤師をもつメリット、ジェネリック医薬品、災害時の薬剤師の活動、日本の医療の現状と今後へ向けて一人ひとりができる事について分かりやすく伝えられるよう心がけました。 悠遊会の皆さんは、残薬問題を理解され、きちんと対処されている方が多い事が分かり、大変うれしく感じました。講演の中ほどで行った転倒予防のコロバナイ体操では、みんなさん足腰が丈夫で、コロバナイ体操を難なくこなしておられました。笑いあり、ちょっと難しい質問もありの楽しい30分を悠遊会の皆さんと共有しました。

今回の講演により、もっと上手な薬局の利用方法について理解して頂け、お役にたてることが増えればいいと思いました。



日時:平成29年04月02日(日) 場所:旧日本原保育園
薬剤師 田中綾