総社店


朝夕の冷え込みが厳しくなり始め、少しずつ炬燵が恋しい季節になってきました。総社店では11月5日に薬局内で『第11回マスカットカフェ』を開催しました。今回のテーマは『薬・大正琴』、参加者は10名に大正琴の演者の方5名でした。

大正琴の演奏では「紅葉」、「虫の声」などの童謡から始まり、「瀬戸の花嫁」、「見上げてごらん夜の星を」といった懐メロが続き、最後には「365日の紙飛行機」と最近の曲まで披露されました。参加者の方も懐かしい曲を口ずさみ、大森茂子先生のトークを楽しく聞いていました。大森先生たちは全国の演奏会で演奏をされており、津々浦々飛び回っておられるようです。

楽しい演奏の後には当店薬剤師の「お薬きちんと飲めている?」というテーマのお話をさせていただきました。食後・食前・食間など用法の意味について確認し、用法用量を守ることの大切さをお伝えしました。

フリータイムでは、薬の飲み方やサプリメントに関する事など様々な質問をいただき、さらに参加者同士で認知症対策の情報交換も活発に行われていました。
 
次回の第12回 マスカットカフェは年が明けて1月14日(火)13:30~15:30、テーマは『サックス・フォークダンス』です。サックスは赤井幹夫先生をお呼びして演奏会を致します。フォークダンスはお馴染み加藤寿美子先生と生徒さんたちが楽しく教えて下さいます。当日参加も可能ですのでぜひ周りの友達も誘って動きやすい恰好でお越しください。スタッフ一同お待ちしております。

初秋の季節とは言え、残暑の厳しい日々が続いております。

総社店では9月10日に薬局内で『第10回マスカットカフェ』を開催しました。今回のテーマは『アロマ~若返りの水~』、参加者は10名でした。今回は、職場体験に来ていた総社西中学校の学生さん3名も手伝ってくれました。

アロマセラピストの資格を持つ一宮店スタッフ青井を講師に、アロマのイロハから認知症予防での活用について講義をしました。精油の作り方や嗅覚の脳への影響など参加者の皆様はメモを取りながら聞いていたのが印象的でした。

講義の後は、古くから若返りの水として有名な“ハンガリアンウォーター”の調製体験をしてもらいました。ローズマリーやバラの香りがする中、カップでの計量や精油の正確な滴下に四苦八苦しながら、懸命に作っていました。においや手先の作業はとても良い刺激になったのではないでしょうか。できあがったハンガリアンウォーターは皆様、家でも使っていただいているものと思います。

次回の第11回 マスカットカフェは11月5日(火)13:30~15:30、テーマは大森茂子先生による『大正琴』及び薬剤師による『お薬きちんと飲めている?』です。当日参加も可能ですのでぜひ周りの友達も誘ってお越しください。スタッフ一同お待ちしております。

 

 

立秋とは名ばかりの猛暑が続きますが皆様お変わりはございませんか。

総社店では7月9日に薬局内で『第9回認知症カフェ』を開催しました。今回のテーマは『夏バテ』予防でした。参加者は7名でした。

子供と高齢者は特に熱中症になりやすく、加齢による感覚機能の低下や食欲低下などにより水分不足を起こしやすくなります。熱中症救急搬送者数のピークでもある7~8月は特に注意が必要です。こまめな水分補給や休憩のとりかた、室温確認(夏場は28℃、湿度70%以下が理想)、夜中暑ければエアコンを利用するなど熱中症対策について参加者とともに確認しました。

後半は、参加者の皆様のさまざまな質問が飛び交い、健康運動指導士、管理栄養士、薬剤師が参加者ひとりひとりに答え、にぎやかな会になりました。皆様、満足されたのか笑顔で帰って行かれました。

次回の第10回認知症カフェは9月10日(火)13:30~15:30、テーマは『アロマ~若返りの水~』です。当日参加も可能ですのでぜひ周りの友達も誘ってお越しください。スタッフ一同お待ちしております。

2019年6月1日(土)~7日(金)マスカット薬局全店で「薬局へ行こう!ウィーク」を開催しました。「薬局へ行こう!ウィーク」は健康づくりのために気軽に薬局を利用して欲しいという思いから全国の薬局が一斉に行っている健康イベントです。

今年も薬剤師による薬の相談や管理栄養士による栄養相談に加え、各種測定会や健康情報の発信、様々な健康食品の試食試飲、アロマ体験など様々な健康イベントを行いました。、期間中は多くの地域住民の方々に参加して頂き、大変喜んでいただけました。  

 今後も、イベントを通じて地域の方々の健康をサポートしていきたいと思います。

新緑の輝く季節となりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

5月21日火曜日に第8回認知症カフェをおこないました。総社市長寿介護課保健師の川崎さんを講師にお招きし『認知症サポーター養成講座』をおこない、10名の『認知症サポーター』が誕生しました。

『認知症サポーター』とは、「なにか」特別なことをする人ではありません。認知症について正しく理解し、認知症の人やその家族の「応援者」です。講座を受けた参加者には認知症サポーターとして「認知症の人を応援します」という意思を示す「目印」であるオレンジリングが渡されました。

講座後には相談も兼ねたお茶会を開きました。認知症への疑問や認知症の疑いがあるご近所との付き合い方についてなど様々な相談を川崎さんが1つ1つ丁寧に答えてくださいました。

次回は、7月9日(火)13:30~15:30に管理栄養士による「夏バテ予防」です。熱中症・脱水症予防について学び、様々な経口補水液を飲み比べ、手作りの経口補水液作製を計画しております。皆様のご参加をスタッフ一同心よりお待ちしております。

総社店では3月28日木曜日に第7回認知症カフェをおこないました。今回のテーマは『認知症を知ろう』でした。
始めに薬剤師より『認知症について』の講和をしました。認知症とは何なのか?主な症状や種類、予防で意識したい生活での工夫について話をしました。その後、健康運動指導士から『認知症予防の頭の体操』をおこないました。普段おこなわないような作業をすることでたとえ間違えたとしてもしっかり頭が使われ活性化した気持ちになり会場は終始笑いに包まれました。

平成31年3月9日、総社市内の宮脇書店総社店にて健康イベントを開催しました。

今回、『骨を強くしよう』をテーマに骨量評価、カルシウム摂取量チェック、管理栄養士による栄養相談、カルシウム強化食品の試食をおこないました。参加者45名、20代から80代と幅広い年代の方にお越しいただきました。

大人1日のカルシウム必要量500~850mgに対して日本人のカルシウム摂取量は約400~500mgと言われています。どの世代も100~400mg程度不足しているのが現状です。
カルシウム摂取量チェックを利用した参加者からは「やっぱりカルシウム摂れていなかった。」「牛乳は大人になってからは飲んでいないな」「牛乳は苦手だからヨーグルトで摂るようにしている。」といった声がありました。
測定後には管理栄養士が一人ひとりに合った食生活での工夫や骨を強くするための運動習慣、体重管理について指導をおこないました。

マスカット薬局は地域のコミュニティで出前講座や健康イベントを開催しております。
イベントの希望や相談等ありましたら、お気軽に近くのマスカット薬局までお問い合わせください。

大寒の候、雪がちらつく季節をむかえお風邪などひかれていないでしょうか。
総社店では1月23日に第6回認知症カフェをおこないました。今回のテーマは『大正琴演奏&フォークダンス』でした。大正琴の講師には大森茂子先生と生徒さん計8名、フォークダンスには加藤壽美子先生と生徒さん計10名をお招きしました。一般参加者とあわせて29名でおこないました。

『大正琴演奏会』

大正琴は大正元年に誕生しタイプライターのキーからヒントを得て発明されました。演目は、お母さんの歌、えりも岬、ふるさとは今もかわらず、なごり雪、草原のかがやきでした。心地よい演奏に体をリズムよく揺らしながら皆さん口ずさんでいました。

『大正琴とフォークダンスのコラボ』

フォークダンスの先生・生徒たちによる一糸乱れぬダンス(曲目:「見上げてごらん夜の星」、「テネシーワルツ」)を見学し、その後、一般参加者の方も含めてみんなで「365歩のマーチ」、「オクラホマミキサー」の曲でフォークダンスを楽しみました。また、「テネシーワルツ」は大正琴の演奏に合わせて踊りました。参加者の中には「踊ったのは学生以来だったわ。」「若い女性と踊れてうれしい」と笑い声が絶えない時間となりました。

次回のご案内

次回は、3月28日(木)13:30~15:30に『 認知症を知ろう 』を企画しています。
2025年には65歳以上の約5人に1人は認知症になるといわれ誰でもなりうるものとなりました。認知症の基本から日常での認知症との付き合い方など皆様の疑問にお答えしながらおこないます。皆様の御参加をスタッフ一同心よりお待ちしております。

寒さも本格的になってまいりました。

総社店では12月4日に「手作りリースでクリスマス」と題し、クリスマスリース作り体験を行いました。講師にプティ・タ・プティの深見 真由美 先生をお招きし、7名の方にご参加いただきました。

クリスマスリースづくりでは、先生にご用意いただいたベースとなるエンコスギの土台に、ヒメスギ、ヒバ、ユーカリなど雰囲気の異なる枝葉を設置していき、綿花や松かさ、天使の人形で飾りつけをしました。最後にリボンをつけて完成です。


リースは壁にかけるものということで、正面から見るものというイメージでしたが、先生の指導で前だけでなく横から見ても美しくなるように皆さん飾りつけをされていました。立体的にものを考え、細かい作業をしておられました。意外と力も必要で一生懸命盛り付けされていたのが印象的でした。

次回は、1月24日(木)13:30~15:30に『大正琴+フォークダンス』というテーマでマスカットカフェを開催します。皆様の御参加をスタッフ一同心よりお待ちしています。

朝夕の冷え込みも厳しくなり、こたつが恋しい季節となりました。

総社店では11月22日に第5回認知症カフェをおこないました。今回のテーマは『脳の活性化エクササイズ&ストレッチ』で、健康運動指導士・シナプソロジーインストラクターの梶原 美幸(当店スタッフ)が講師を務め、10名の方にご参加いただきました。

シナプソロジーとは、普段慣れない動きをすることで脳に適度な刺激を与え、脳の活性化を図るプログラムです。

まずストレッチとボールを使ったエクササイズを行い、次にシナプソロジーなどの脳の活性化のエクササイズを行いました。失敗することは問題でなく、しっかり声を出し、考えながら色々な動きをすることが重要との説明で、失敗して笑ったり、隣の人と触れ合って笑顔で話したりと元気で楽しそうな笑い声が聞こえてきました。笑うこと、人との交流、体の体操、全て脳の活性化につながっていくと思います。

次回は、来年1月24日(木)13:30~15:30に『大正琴+フォークダンス』を企画しています。歌って踊って脳のトレーニングをすることは認知症予防になります。皆様の御参加をスタッフ一同心よりお待ちしております。