地域活動


今回は“熱中症”をテーマに健康教室を開催しました。熱中症とは主に初夏から夏にかけて環境に体が適応できない事で起こる様々な症状の総称です。仕事、スポーツ、日常生活のどの場面でも状況によっては熱中症になる可能性があります。今回の健康教室では薬剤師からは熱中症の発生状況や重症度とその対応について、管理栄養士からは熱中症を防ぐための水分補給や食事についてのアドバイスをさせて頂きました。参加されたどの方もしっかりメモを取られており、熱中症に対する関心の高さを感じました。

まだまだ暑い日が続きます。1に水分、2に水分でこの夏を乗りきっていきましょう。

大暑過ぎの猛暑が続いていますが、皆様、熱中症・脱水症予防でしっかり水分と休息はとられていますでしょうか。
総社店では7月26日に第3回認知症カフェをおこないました。認知症カフェは岡山県総社市内の健康づくり・認知症対策・交流の場として今年の3月から始めました。今回のテーマは『大正琴演奏会』、『熱中症・脱水症予防』『エコノミークラス症候群予防について』でした。

『大正琴演奏会』

総社市在住で大正琴の先生と生徒さん6名をお迎えしての演奏会です。大正琴は大正元年に誕生しタイプライターのキーからヒントを得て発明されました。
演目は、浜辺の歌、瀬戸の花嫁、みかんの花咲く丘、美しい十代、見上げてごらん夜の星を、襟裳岬、大和路の恋、学園メドレー(高校3年生・修学旅行・学園広場)、北の旅人、故郷 でした。心地よい音色の演奏を聴きながら参加者全員で歌い懐かしい思い出に浸ることができました。

『熱中症・脱水症予防』

管理栄養士から夏の熱中症・脱水症予防の話をおこないました。熱中症救急搬送数は7月~8月がピークといわれており、この内、半数以上は65歳以上の方といわれています。加齢とともに貯水するための筋肉量の低下や喉の渇きを感じにくくなる等の影響があります。


~予防のための水分補給~

コップ1杯ほどの水分を起床時、食事毎、お風呂前後、寝る前、畑仕事の前後・途中、午前10時や午後3時に飲むのがおすすめです。脱水症の場合、水分だけでなくミネラルも不足してきます。市販に売られている経口補水液オーエスワンや手作り簡易経口補水液を飲み比べしました。この他にも、熱中症・脱水症症状と対処法についてお話しました。

『エコノミー症候群予防のための体操』

7月6日からの大雨による災害で、岡山県総社市や倉敷市真備町を始め、多くの方が避難所生活を続けています。避難所生活では体を長時間動かさないことでエコノミークラス症候群が起きる場合があります。そこで健康運動指導士から室内でもできるエコノミークラス症候群予防のための体操をおこない参加者だけでなく知り合いの方々にも伝えていただくようお話しました。

次回のご案内

次回の認知症カフェは9月27日(木)13:30~15:30マスカット薬局総社店内で『アロマ~サシェづくり~』を企画しています。サシェとはフランス語で、香料や乾燥させた小袋のことです。当日はぜひ良い香りに癒されにいらしていただけるようスタッフ一同お待ちしております。

平成30年6月4日(月)マスカット薬局一宮店で、健康教室を開催しました。
今回は「体験してみよう!アロマテラピー」というタイトルで、アロマスプレーを皆さんと一緒に作成しました。せっかくアロマテラピーに触れていただきますので、スプレー作成前に少し勉強をしていただきました。アロマテラピーには、精油(エッセンシャルオイル)がかかせません。これはハーブから抽出する100%自然のものですが、取扱いにいくつか注意していただきたい点があります。直接肌に塗らないこと、目にさしたり飲んでもいけないことなど、お話させていただきました。みなさん、メモを取られながら真剣に聞いてくださいました。
そして、いよいよスプレー作成です。みなさんのお好きな香りを選んでいただきました。この時間が一番、いきいきされていたようです。頭をすっきりさせたいなら昼用オイル、まったりしたい時は夜用オイル、甘い香りがお好きならゼラニウム、また虫よけスプレーを作成したいならシトロネラ、などと選んでいただきました。みなさん、楽しそうにいろんな香りを試していらっしゃいました。1番人気はラベンダー、そして柑橘系と続きました。店舗内がすてきな香りで充満したことは、いうまでもありませんね。心地よい香りに包まれて、楽しいひとときを過ごすことができました。精油1本は、3mlととても小さいですが、いろんな楽しみ方があります。皆さんとまた体験アロマを通じて、耳よりなお話をしたいと思います。

平成30年5月24日(木)マスカット薬局総社店では認知症カフェの2回目を行いました。

スイーツは「豆の富」を使ったわらび餅(コーヒー、プレーンの2種類)です。今回は市役所の保健師 川崎さんを講師としてお迎えして認知症サポーター養成講座を行い、20名の参加者がありました。皆様熱心に話を聞いておられました。質問も多く、認知症への関心が高いことがうかがえました。

前座としてスタッフによるマンドリンの演奏も楽しんでいただき、演奏に合わせて歌う方もおられてリラックスした雰囲気で過ごして頂きました。

次回は7月26日(木)13:30~15:30
総社市内でご活躍の大森茂子先生による大正琴の演奏会を予定しています。

   

平成30年4月28日(土)福祉交流プラザ富原にて料理教室を実施しました。『腸美人』というテーマで、もち麦入り五目ごはん、おからの焼きコロッケ、かぼちゃのヨーグルトサラダ、ごぼうのポタージュ、甘酒と豆乳のプリンの5品を作りました。

腸内環境を整えると、免疫力が上がる、幸せ物質が増えて心が元気になる、ビタミンをきちんと合成できる、消化を助けるなど、身体が健康になるだけでなく心まで健康になります。

『腸内環境を整える』ということは『腸内の善玉菌を増やす』ということです。善玉菌を増やすには、プロバイオティクス(乳酸菌など)やプレバイオティクス(食物繊維など)をとるのが有効です。今回のメニューでは、乳酸菌の多いヨーグルトや、麹菌の多い甘酒、食物繊維の多いもち麦やおから、ごぼう、じゃがいも、かぼちゃ、寒天など、腸内環境を整える食材を多く使用しました。


今回は13名の方にご参加いただき、みんなで楽しく調理することができました。食事タイムでは、今回のテーマである腸内環境についてや、その他食事や栄養に関するお話をしながら一緒にいただきました。「レシピのレパートリーが増えた」「難しそうなポタージュが家でも作れそう」「腸内環境について勉強になりました」など嬉しいお声をいただきました。

また一緒に料理ができることを楽しみにしています。マスカット薬局では、お薬の相談だけではなく、お食事や健康に関する相談など受け付けています。お気軽にお越しください。

平成30年4月25日に半田山ハイツさんのサロンに参加させていただきました。

今回は「体験してみよう!アロマテラピー」というテーマで、こねこね石けんを作りました。その前に少しだけ、アロマテラピーの勉強をしました。精油は、ハーブから抽出した100%天然のものですが、100%安全ということではありませんので、いくつかの注意点をお話ししました。精油を、目にさしたり飲んだりしてはいけないことはもちろんですが、原液を皮膚につけてもいけません。また、アロマクラフトを作成する時は、1%の濃度で作ります。今回の石けんは、25gの石けん素地で作りますので、精油は1滴(精油1滴は、0.05mlです)、という計算になります。そしていよいよ石けん作成です。石けん素地に水とクレイを少々入れ、よくこねます。クレイは色付けのために入れます。耳たぶくらいの柔らかさになったら、精油を1滴入れてさらにこねます。最後に型に入れて、取り出し、1週間ほど乾かせば、世界でたった1つの香りの石けんのできあがりです。

童心にかえったように、みなさん一生懸命作られていました。型の中には、ちょっと難しい星形とかありましたが、挑戦された方もいらっしゃいました。頭や手を動かすことはとてもいいことですね。そこに香りが加わると、もっといいです!また一緒に作りましょう!

本店にて5月1日に第5回サロンマスカットを開催しました。今回のサロンマスカットは、「脳の活性化&ストレッチで頭も身体もイキイキと」というテーマで、シナプソロジーという楽しく脳を活性化するプログラム・ストレッチで筋肉をほぐす・下肢の筋力トレーニングを行いました。
シナプソロジーでは皆さん楽しく笑い合っておられて、脳に良い混乱がおこり、しっかり活性化しているようでした。ストレッチや筋力トレーニングでは、普段動かさない筋肉を動かしました。「気持ち良かった。」「家でもやってみたい。」と言っておられるのを聞いてとても嬉しく思います。これからも健康教室を通じて皆様の健康寿命を延ばすきっかけ作りやお手伝いが少しでもできればと思います。またご参加いただけると嬉しいです。一緒に楽しみましょうね!

 

次回の健康教室

次回は6月4日に「薬局へ行こうウィーク(測定会&試食会)」を開催します。
皆さんぜひご参加ください。

平成30年4月16日14時から、一宮店で、健康教室を開催いたしました。今回のタイトルは「伸ばそう健康寿命」です。日々関心が高まっている健康寿命、でもどうしたら伸ばすことができるのか、というお話を食事と運動の面から聞いていただきました。
まずは、ご自分の握力がどれくらいあるか、測定していただきました。女性の方が多かったですが、皆さん、平均の18kgよりも強く、おまけに私よりも強く、すばらしいです。
フレイル・サルコぺニアの予防に大切な食事は、1日3回バランスよくしっかり食べることです。特に重要なのがタンパク質です。いつものお食事に、牛乳、チーズ、ヨーグルトなどをプラス1品することで、たんぱく質アップがねらえます。みなさん、しっかりメモを取られ、関心の高さがうかがえました。そして、アバンドの試飲をしていただきました。今日の味はオレンジフレーバーです。ジュースのような香りで、とても飲みやすくなっています。40歳を過ぎると、10年間で約8%、筋肉量が減少するといわれているそうです。アバンドを飲んで、ぜひ貯筋していただきたいです。
食事のお話のあとは、みんなで運動です。椅子にすわったまま、足の付け根から足全体を動かしながら、つま先でひらがなを書く、脚の筋トレを行いました。「のー」「かー」と、大きな声を出しながらやってみました。家でもできそうなので、これからもやってみようという声も聞かれました。
あっという間の30分でした。また2か月後、みなさんの笑顔にお会いできることを楽しみにしています。ご参加ありがとうございました。

4月11日(水)に総社店では今人気のハーバリウム教室を行いました。

講師はプティ・タ・プティの深見真由美先生。地域の15名の方が参加して下さいました。

1人1本作成予定だったのですが、追加で2本3本と作られた方もおられて大好評でした。

作り方は、

①お花を選ぶ  ②ボトルに入れる ③オイルを入れる
 
④空気を抜いて飾りつけたら、完成です
 

皆様それぞれのセンスできれいにお花を入れておられました。

マスカット薬局総社店では平成30年3月より岡山県総社市内を舞台に認知症カフェ「マスカットカフェ」を立ち上げました。開催は奇数月第4木曜日13:30~15:30です。認知症カフェは、認知症の人やその家族、地域の人達が気軽に集える場所です。専門職である薬剤師をはじめ、管理栄養士、健康運動指導士がカフェという自由な雰囲気の中で参加者の認知症の悩みや健康の相談にのっています。平成30年3月の初回では、認知症に関する話に加え「骨粗しょう症予防で介護予防」をテーマにおこないました。初回最後のアンケートでは、今後希望するカフェのテーマに「もの忘れチェック」、「脳を活性化する体操」、「ロコモチェック」、「健康のための栄養」、「薬について」など数多くの要望がありました。会場は薬局ですが、講師役には薬局スタッフだけでなく、普段はマスカット薬局総社店でお薬をお渡ししている患者様が講師役をすることもあります。マスカットカフェは誰が先生になってもよい場所です。おいしい紅茶お菓子もご用意しています。これからもマスカットカフェの認知度を広め、地域の人達が気軽に集まれる場所づくりを目指していきます。


1 / 41234