地域活動


11/12、11/13、11/15の3日間と大安寺中学校チャレンジワークの受け入れをさせていただきました。今回は将来の職業として薬剤師に興味があるという2名の方が来てくれました。

お二人には待合業務として商品陳列・ポップ作成・もっちり麦の試食を体験してもらいました。また薬剤師業務として模擬処方箋の入力およびマーブルチョコ、ラムネ、ジュースを使った模擬調剤と模擬鑑査、服薬カレンダーへのセットを体験していただきました。


薬局の待合対応で心がけている事、薬剤師が日々業務の中で意識していることについても併せてお話をさせていただきました。難しい話もあったと思うのですが、しっかりとメモを取りながら話を聞いている姿がとても印象に残っています。質問も積極的にしていただいたことで私自身も薬剤師の仕事について再度考えることができ、非常に有意義で楽しい時間となりました。

今回の体験がお二人の将来につながると嬉しいですね!!

去る11月2日(土)にさわやかな秋晴れのもと備前病院主催のいきいきウォーキング大会in片鉄ロマン街道が開催されました。今回は鉄道廃線敷を利用した片鉄ロマン街道を歩く4kmと6kmのコースで行われました。

マスカット薬局備前店も協力させていただいて、出発前やゴール後の待ち時間を利用して参加の皆さんの骨密度や体組成の測定、またボディメンテの試飲を行わせていただきました。

30代から80代までの幅広い年齢層の参加者でしたが、みなさんウォーキング大会に参加されているだけあって、健康への意識が高く、ご自身の骨密度や、体脂肪量の測定結果にみなさん一喜一憂されながら測定を楽しんでいただきました。お帰りの際には、運動後に最適なアミノ酸配合のサンプルなどもお持ち帰りいただき大変喜んでくださいました。

緑の木々や田園地帯の中を颯爽と歩かれる皆さんをみて、私たち薬局スタッフも皆さんと一緒に健康に取り組んでいけたらと感じた一日でした。

朝夕の冷え込みが厳しくなり始め、少しずつ炬燵が恋しい季節になってきました。総社店では11月5日に薬局内で『第11回マスカットカフェ』を開催しました。今回のテーマは『薬・大正琴』、参加者は10名に大正琴の演者の方5名でした。

大正琴の演奏では「紅葉」、「虫の声」などの童謡から始まり、「瀬戸の花嫁」、「見上げてごらん夜の星を」といった懐メロが続き、最後には「365日の紙飛行機」と最近の曲まで披露されました。参加者の方も懐かしい曲を口ずさみ、大森茂子先生のトークを楽しく聞いていました。大森先生たちは全国の演奏会で演奏をされており、津々浦々飛び回っておられるようです。

楽しい演奏の後には当店薬剤師の「お薬きちんと飲めている?」というテーマのお話をさせていただきました。食後・食前・食間など用法の意味について確認し、用法用量を守ることの大切さをお伝えしました。

フリータイムでは、薬の飲み方やサプリメントに関する事など様々な質問をいただき、さらに参加者同士で認知症対策の情報交換も活発に行われていました。
 
次回の第12回 マスカットカフェは年が明けて1月14日(火)13:30~15:30、テーマは『サックス・フォークダンス』です。サックスは赤井幹夫先生をお呼びして演奏会を致します。フォークダンスはお馴染み加藤寿美子先生と生徒さんたちが楽しく教えて下さいます。当日参加も可能ですのでぜひ周りの友達も誘って動きやすい恰好でお越しください。スタッフ一同お待ちしております。

令和元年10月29日、ロータス桑野にて、アロマテラピーの健康教室を開催させていただきました。今回はローズマリー精油配合のクリーム作成です。

まず、アロマテラピーとは、というお話をさせていただきました。中でもローズマリー精油の力を中心にお話しました。もう5~6年前になりますが、認知症予防のアロマで一躍有名になったのが、ローズマリー精油です。ツンとした香りが、いかにも脳をスッキリさせてくれるようですね。また、アロマテラピーの勉強をする際に必ず登場してくるのもローズマリー精油です。「ハンガリアンウォーター」とか「4人の盗賊とハーブビネガー」。どちらも、ローズマリーのすばらしい力を発揮した逸話です。

実際にムエット紙で、ローズマリー精油の香りを嗅いでいただきました。皆さん口々に「ハッカのようだ」「樟脳のようね」と感想を述べられていました。嗅覚は大丈夫そうで安心しました。「におい」と「記憶」には、密接な関係があります。だからこそ嗅覚はいつも刺激を与えてあげてほしいものです。

そして、お話の次はクリーム作りです。10gのワセリンにホホバオイルを2ml、スポイトで入れて混ぜます。最後にローズマリー精油を1滴入れてさらに混ぜます。濃度は、身体にもぬれるように0.5%で作成しました。しっかり混ぜるとよりなめらかなクリームになります。竹串でしっかり混ぜると「おいしそうなクリームになったで」とか「混ぜると白くなるのね」とかお話されながら、楽しそうに作っていらっしゃいました。今日からお風呂上りに、身体に塗ってみようと、楽しみにされていました。

最後は、ハーブティを頂きながらの茶話会です。今日は、ポリフェノールとビタミンCが豊富に含まれたローズヒップのブレンドティーです。「ちょっと酸っぱいな」とか「いい香り」と、感想をいただきました。部屋中、ローズマリーのさわやかな香りに包まれて、楽しいひとときを過ごすことができました。

フレイルという言葉を聞いたことがありますか?

フレイルとは心身機能、生活機能、社会的機能の3つの機能が徐々に低下することにより要介護状態に近づいていく状態のことで、健康な状態と要介護状態の間のことを指します。今回の健康教室ではフレイル健康チェックをしてもらった後に、フレイル対策の重要なポイントである「栄養」「体力」「社会参加」の3つの取り組みについての話を聞いていただきました。

今回の健康教室をきっかけにフレイル対策に積極的に取り組んでもらえると嬉しいです!


マスカット薬局一宮店は岡山市フレイル対策事業のフレイルチェック実施機関です。フレイルが気になる方はぜひチェックを受けに薬局に来てみてください。スタッフ一同お待ちしております。

しもまち薬局では令和元年10月よりマスカット薬局で2号店目となる認知症カフェ「マスカットカフェinしもまち」を立ち上げました。開催は毎月第1火曜日13:00~15:00です。認知症カフェは、認知症の人やその家族、地域の人達が気軽に集うことの出来る場所です。専門職である薬剤師をはじめ、管理栄養士、アロマテラピーアドバイザーがカフェという自由な雰囲気の中で参加者の認知症の悩みや健康の相談にのっています。

令和元年10月の初回では、カフェの趣旨に加え「もの忘れチェック」をおこないました。当日は8名の方が参加され、おいしいお茶とお菓子で楽しい時間を過ごしながら和やかに談笑致しました。今後も楽しく過ごして頂けるようなカフェになる様、マスカットカフェの認知度を広め、地域の人達が気軽に集まれる場所づくりを目指していきます。

次回は11月5日(火)13:00~15:00です。みなさまの参加をスタッフ一同心よりお待ちしています。

9月に高梁市内の婦人会、吹屋サロンで出張健康教室を行ないました。
テーマは『お薬の飲み方』『アロマスプレー作りとアロマハンドトリートメント体験』『認知症とお薬の飲み方』といった内容で、講話やクイズ・測定・そして参加者と一緒にアロマスプレー作りを行ないました。

吹屋サロンでは初めて行ないましたが、ベンガラの赤い街並みがとても素敵で、参加された80・90代の皆様も元気にお越し頂きました。楽しい時間の中、和やかに行なう事が出来ました。

マスカット薬局高梁店では高梁市内のコミュニティを対象に薬や食事・栄養、アロマ、健康測定など様々な内容で出張健康教室を行なっております。また定期的に薬局内でも健康イベントを開催していますのでお気軽にお越しください。スタッフ一同お待ちしております。

10月7日(月)富原老人憩いの家にて、「健康な老後を過ごすために~丈夫な骨を作ろう~」というテーマで、薬剤師と管理栄養士より講演を行いました。

薬剤師からは骨の働きや、丈夫な骨を作るための日常生活でのポイントを、管理栄養士からは健康な骨を保つための食事についてお話しました。

お話のあとは骨量測定とカルシウムチェックを行い、骨の質と、食事からのカルシウム摂取状況を評価しました。

丈夫な骨を作るためには、適度な運動・日光浴・バランスの良い食事が大切になります。健康への意識が高く、日ごろから運動を継続されている方や、カルシウムを摂るように心がけている方が多く、感心しました。

これからも丈夫な骨を保ち、健康に過ごしていただければと思います。

9月17日に健康教室を行いました。今回の教室でも、ストレッチで身体をほぐし気持ちよくなっていただいてから、ボールを使った簡単な運動と脳の活性化プログラムのシナプソロジーを行いました。

40歳代~90歳代の14人の方々がご参加くださり、皆さんとても楽しく熱心に取り組んでくださっていました。特に脳の活性化プログラムのシナプソロジーでは、たくさんの笑顔と笑い声が生まれ、皆さん楽しくしっかりと脳の混乱がおこって活性化できているようでした。

これからも皆さんに楽しんでいただける実りある教室を行って行きたいと思っています。またお会いできるのを楽しみにしています♪

次回の健康教室

10月15日(火)14時から行います。テーマは、『アイケア~目を健康に保つために~』です。
おかやまケンコー大作戦のポイントカードをお持ちの方は、『イベントポイント』がつきます♪
参加費無料ですので皆様の参加を心よりお待ちしています。

8月20日(火)、本店にて健康教室を開催致しました。今回は、管理栄養士による「熱中症と夏バテの予防」についての講演と脳トレの二本立てでした。

暑い日が続いていますが、熱中症や夏バテになっていないでしょうか?代謝が活発で、脱水を起こしやすい乳幼児や、もともと体内の水分量が少なく、暑さや喉の渇きを感じにくい高齢者は、特に熱中症になりやすいので注意が必要です。喉の渇きを感じていなくてもこまめに水分をとることを意識しましょう。通常の水分補給はお水やお茶で良いのですが、大量に発汗したときや熱中症の危険を感じたときは、塩分と糖分を含む経口補水液が適しています。

夏バテは、暑さによって体温調節を担う自律神経に負担がかかる、冷たい飲食物によって内臓が冷え胃腸の働きが低下する等が原因で、倦怠感、食欲不振、めまい等の症状が現れます。冷たいジュースやアイスの食べすぎや、偏った食事をしている方は、バランスの良い食事を心がけてみてはいかがでしょうか。

脳トレでは新聞などでもなじみのある、クロスワードパズルをご用意しました。はじめの10分間は皆さん各自で考えていただき、残りの5分で近くの方とヒントを出し合いながら問題を解いていただきました☆事前にスタッフも同じ問題を解きましたが、難しい問題も多く、先輩のお力をお借りし何とか解けました!(笑)